2018年6月

キャッシングに必要な書類と契約書に書くこと

キャッシングに必要な書類と契約書に書くこと

(公開: 2018年6月26日 (火))

利便性の高さで人気のキャッシングサービスですが、利用の申し込みも簡単におこなうことができます。キャッシングの利用を申し込む方法はさまざま用意されていますが、現在はパソコンやスマートフォンを利用してインターネットから申し込む方法や自動契約機を利用する方法が主流となっています。もちろん電話やファックス、店頭窓口などで申し込むことも可能です。キャッシングを申し込む際に必要な書類は、基本的には本人確認書類を用意しておけば問題ありません。運転免許証や保険証などがあればOKです。借り入れ希望額によっては収入証明書が必要になるケースもありますが、初めてキャッシングを利用する場合は借り入れ限度額も低めに設定されることが多いので、ほとんどの場合、本人確認書類さえ用意しておけば申し込みは可能です。キャッシングは気軽にお金を借りられるのが魅力ですが、もちろん金銭消費貸借という契約を金融機関と結ぶことになりますので、きちんとした契約書が発行され、それに署名することが必要です。たとえば自動契約機を利用する場合、申し込みに必要な住所、居住地の形態、年収、勤務場所、勤続年数、自宅電話の有無などの必要事項を入力し、審査に合格すると自動契約機から契約書が発行されます。その契約書にその場で署名して自動契約機にセットすればお客様控えが発行され、ローンカードを受け取ることができるのです。その後のおかねの借り方は簡単で、自動契約機に併設されているATMやコンビニなどに設置されている提携ATMで融資を受けられるほか、指定の口座にお金を振り込んでもらうという借り方も可能です。情報の詳細は三菱UFJ銀行カードローン審査MS131※通過基準を解説こちらのサイトです。